8月 242017
 

<松田るか>現役ライダー美女がビキニ、競泳水着に 「ヤンジャン」グラビアで変身
 特撮ドラマ「仮面ライダーエグゼイド」でヒロイン・ポッピーピポパポ(仮野明日那)を演じていることも話題の女優の松田るかさんが、24日発売のマンガ誌「週刊ヤングジャンプ」(集英社)39号の表紙と巻頭グラビアに登場した。

【写真特集】可愛すぎると話題の松田るか グラビアで変身 水着も披露

 Posted by at 5:21 AM
8月 232017
 

『アイドルマスター シンデレラガールズ劇場』2期決定! 10月放送開始!

 

2017年春アニメと放送していたアニメ『アイドルマスター シンデレラガールズ劇場』の第二期の制作が2017年7月9日、千葉県の幕張メッセ イベントホールにて行われたライブイベント“THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 5thLIVE TOUR Serendipity Parade!!! 幕張公演”にて発表され、PVが公開されました。
公開されたPVでは、水着や半袖の制服など夏っぽいガールズたちが映し出されている。
さらに、2017年夏には『アイドルマスター シンデレラガールズ』のキャンペーンがローソン、スリーエフ、ポプラ、セーブオンにて開催決定!
その他詳しい情報が総合サイトをご確認ください。

公式サイト:TVアニメ「シンデレラガールズ劇場」 公式サイト
©BNEI/しんげき
今でも色あせない THE IDOLM@STER シンデレラガールズ の見どころとは?

提供元:あにぶ
(あにぶ編集部/Uemt)
 

 Posted by at 5:43 AM
8月 222017
 

今宿麻美 インスタで第2子妊娠を報告「予定日が私の誕生日という奇跡」
 モデルで女優の今宿麻美(39)が22日、自身のインスタグラムを更新。第2子を妊娠したことを発表した。

 今宿は「私事ですが、2児の母となります」と妊娠を報告。「まさか、自分が、2児の母になると想像していたでしょうか。そして、予定日が私の誕生日という奇跡。あくまで、予定日ですが…なんだか、人生って、凄いね」と予定日が自身の40回目の誕生日となる来年1月7日であることを明かし、喜んだ。

 「体調をみつつ、無理せず、お仕事はゆっくりとやっていきます。まだまだ未熟な母ですが、これからも私達家族を見守って下さい。どうぞ、宜しくお願い致します」と締めくくった。

 今宿は1996年に雑誌「anan」でモデルデビュー。2001年の「blue」を皮切りに「ナイン・ソウルズ」「空中庭園」など映画を中心に女優としても活動し、2006年公開の「LOVE MY LIFE」では主演も務めた。2013年3月にスタイリストの男性と結婚し、翌14年11月に第1子となる長男を出産している。

 Posted by at 6:22 PM
8月 222017
 

小島慶子「ホヤと氷山と『SDGs』!? 実は関係あるんです」〈AERA〉
 タレントでエッセイストの小島慶子さんが「AERA」で連載する「幸複のススメ!」をお届けします。多くの原稿を抱え、夫と息子たちが住むオーストラリアと、仕事のある日本とを往復する小島さん。日々の暮らしの中から生まれる思いを綴ります。

*  *  *
 ピコ太郎さんが宣伝に一役買っているSDGs。人間の暮らしと地球環境を共に持続可能なものにしようという国連の取り組みです。と、聞いてもあまりピンとこないかもしれませんね。

 SDGsは17の目標を掲げています。貧困や飢餓をなくし、教育や医療を行き渡らせ、クリーンなエネルギーや安全な水の普及を目指すだけでなく、ジェンダーの不平等や経済的な格差の是正、経済成長と人間らしい働き方の両立など、人が尊厳を保ち、豊かさを享受できる世の中にしようと謳っているのです。もちろん、気候変動への具体的な取り組みや、海や陸の資源を守ることなども含まれています。

 それらは別々のことのように見えて、全部一つのキーワードでつながっているのですね。「どこに生まれるかを選べず、よその星には引っ越せない私たちの誰もが安心して暮らしていけるように、力を合わせよう」

 市場では、SDGsに配慮した経済活動をする企業が高く評価されるようになっています。人権と環境を守ることが、重要視されているのです。

 ところで、気候変動に関するニュースで私がいま気になっているのが、ヒカリボヤと氷山です。熱帯の海にいるはずの発光するホヤが太平洋東部で大発生。透明なピクルスのようなヒカリボヤが、アラスカのサケ漁に大打撃を与えています。マボヤを食べる日本人が食べて減らすしかないのでは?!と思わず調べたところ、まだチャレンジした人はいないようです。酢醤油なんかでいけそうですが。

 そして、南極の棚氷からついに分離した重さ1兆トンの巨大氷山。三重県サイズの氷山がアルゼンチンに接岸したら、あるいはニューヨークまで北上したらどうなるのでしょう? ペンギンは乗っているのか? 海水の変化は? 疑問や心配は尽きません。

 ホヤと氷山とSDGs。夏休みの自由研究にオススメです。

※AERA 2017年8月14-21日号

 Posted by at 4:18 AM
8月 212017
 

杉田かおるさん「このままだと自分が潰れる」仕事減らし母介護
 女優の杉田かおるさんは、肺の病気で障害等級が最も重い1級となった母親(83)を自宅で介護しています。杉田さんが7歳でデビューして以来、ずっと芸能生活を支えてくれた大切な存在です。介護のために仕事を減らし、テレビ番組に登場する機会もめっきり減りましたが、とても「豊かな時間」を過ごしていると話します。

 4年前の夏のある日、母の具合が急に悪くなりました。顔色は良くないし、足がむくんで靴も入らない。本人は「大丈夫」と言い張りますが、脈も細くなっています。無理やり車で病院に連れて行きました。

 母は当時から神奈川県内の自宅で私たち夫婦と同居していました。20年前にも重症の肺気腫で一度倒れました。ずっと悪いままだったのですが、それが一気に重症化したのです。

 入院して集中治療室に3日ほど入り、母は事なきを得ました。1日遅れていたら命の危険もあったそうです。

 Posted by at 6:06 PM
8月 212017
 

緑黄色社会の新作『ADORE』が本日リリース 愛知発の男女4人組
緑黄色社会のミニアルバム『ADORE』が、本日8月2日にタワーレコード限定でリリースされた。

【動画と画像を見る(2枚)】

2012年に愛知で活動を開始した緑黄色社会は、長屋晴子(Vo)、peppe(Key)、小林壱誓(Gt)、穴見真吾(Ba)による4人組バンド。2013年に『閃光ライオット』で準グランプリを獲得し、今年1月には初の全国流通盤となるミニアルバム『Nice To Meet You??』をタワーレコード限定でリリースした。

2ndミニアルバムとなる『ADORE』には、“始まりの歌”“それなりの生活”など5曲を収録。全曲の作詞作曲を長屋晴子が手掛けている。また11月と12月に開催されるツアー『緑黄色社会ワンマンツアー2017“東名阪さん Nice To Meet You??”』のチケット先行受付情報が封入されている。

『緑黄色社会ワンマンツアー2017“東名阪さん Nice To Meet You??”』では、11月23日に東京・渋谷のTSUTAYA O-Crest、12月2日に大阪・梅田のShangri-La、12月10日に愛知・名古屋のElectric Lady Landでワンマンライブを実施。チケットの一般発売日は10月7日となる。

 Posted by at 5:25 AM
8月 202017
 

安藤政信「ドラマなんてと思っていた時期もあった」 “拒絶心”からの心境の変化とは
 7年ぶりに帰ってきたフジテレビの人気ドラマ『コード・ブルー ~ドクターヘリ緊急救命~』は山下智久や新垣結衣ら、第1作目より支えてきたメインキャストが続投し、フライトドクターたちの医療現場における姿を臨場感たっぷりに描き、観る者を夢中にさせている。第3作目にて、山下演じる藍沢耕作のライバル役として台頭するのが、シリーズ初登場の安藤政信だ。実は、同局の連続ドラマのレギュラーは初めてという安藤は、「正直『ドラマなんて』と思っていた時期もありましたね」とポツリと口にしながらも、穏やかな笑みを浮かべた。ときを経て移ろう想いを、単独インタビューで語ってくれた。

【関連】『コード・ブルー』安藤政信インタビューショット&場面写真フォトギャラリー

 安藤のフィルモグラフィーと言えば、デビュー作にして数々の映画賞を総ナメにした『キッズ・リターン』に始まり、『バトル・ロワイアル』『69 sixty nine』、『GONIN サーガ』とイメージに捉われない多種多様なラインナップが印象的だ。そして、映画界に基盤を置き、俳優業を全うしてきたようにも見える。安藤は言う。「20~30代のときはこだわりがすごく強くて、何となく『ドラマはよくないんじゃないか?』といった拒絶心のようなものがあったんです」。その姿勢は、『亡国のイージス』で組んだ阪本順治監督からも「間口が狭いが懐は深い」と評されていたという。

 「この歳になって、1回何でも受け入れてみよう、乗っかってみてもいいのかもしれない、という感覚になったんです。気づくのがちょっと遅かったんですけど(笑)」。最初のきっかけは、2017年の新春ドラマ『君に捧げるエンブレム』への出演だった。「スタッフの人たちがものすごく歓迎してくれて、(櫻井)翔と一緒にやったチームが、すごくよかった」。同じ演出家、プロデューサーで作り上げる『コード・ブルー』の出演依頼が届くと、ほどなく決意は固まった。「いざやってみると、『何でこれまで拒絶していたんだろう?今まで何をやっていたんだろう?』という気持ちになりました。本当に今さらですけど…、3ヵ月という期間を共有できると、すごく情が入っていくし、映画と違う感じでまた居心地がいいんです」。

 日本のみならず海外での撮影を経験してきている安藤は、当然キャリアも長い。今回もスッと現場に入っていけたのかと尋ねると、「いやいや!」と首を横に振った。「僕は基本すごく人見知りですし、そもそも10年間作りあげてきた人たちの中に入っていくのは難しかった。1話の最初のシーンから、苦戦して非常に悩みましたし、全然OKも出なかったんです」と、意外な裏事情を明かしてくれた。しかし、撮影も中盤をまわった現在では、脳外科のエース・新海広紀の役柄をしっかりとつかみ、患者の奏について大事な鍵を握る物語のキーマンとして引っ張る。

 「『コード・ブルー』は、主人公の5人がヴィヴィットな芝居をしているところに元々惹かれていたんですけど、中でも藍沢というか山下くんは…もう格好よすぎて、ねえ(笑)?僕は、山下くんとのシーンが一番多いので、いろんな話をしていますよ。…あ、でも作品の話はあまりしないかも(笑)」と、オフスクリーンでの和やかな様子を伝える。「今までの作品でも、『相手役を食ってやろう』と思って入ることはなくて。僕は、いつだって相手を愛したり、尊敬したいと思ってやっています」。そうして熱を帯びて伝える様子は、視野を広げた安藤の、より豊かな俳優人生を示しているようだった。(取材・文・写真:赤山恭子)

 『コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON』は、フジテレビ系にて毎週月曜21時から放送中。

 Posted by at 6:09 PM
8月 202017
 

週刊プロレスが26年前の工藤めぐみ表紙を木村花でオマージュ!
 6月7日に発売された週刊プロレスにて、26年前に発売された工藤めぐみが表紙の週刊プロレスが現代版としてオマージュされた。

 現在は大仁田厚の興行でコスプレ撮影会などを行っている“邪道姫”工藤めぐみ(47)は、『FMWは聖家族 だからくどめ大好き』のキャッチコピーとともに、かわいく頬杖をついた姿で女子プロレスラーとして初の週刊プロレス単独表紙を飾る人気レスラーとして活躍していた。

 その伝説の表紙を週刊プロレスは木村花(19)でオマージュ。キャッチコピーも『ACEは聖家族 だからはな大好き』と当時を意識した作りとなっている。
 木村花は今年引退した木村響子の娘であり、武藤敬司が校長を務めるプロレス総合学院の一期生としてプロレスラーデビュー。PANCRASEでラウンドガールを務める抜群のスタイルと、名前に負けない華のあるファイトから女子プロレス界の次期エース候補として期待を集めている。

 今回の撮影を終えた花は「プロレスリングACE所属の木村花です。なんとこの私が昔の週刊プロレスのくどめさんをオマージュした裏表紙になっています。こんな大きく載るということで恥ずかしいんですけど、コンビニとか本屋さんで週刊プロレスを見つけたら全部裏っ返しにして宣伝しようと思ってます。オマージュの元になったくどめさんの週刊プロレスの裏表紙を見つめて、大人たちがああでもないこうでもないと指の感じはもうちょっと力を抜いてとか、目の開き具合が凄い細かいところまで真似したので大変だったんですけど、自分でも見比べてみて結構完成度が高いと思って撮影の時の努力は無駄じゃなかったと思います」とコメント。

 この表紙を見た当時の週刊プロレス編集長ターザン山本氏は『ホント、これには驚いた。凄いセンスだ。新旧「週刊プロレス」が仲良く肩を並べた』と表紙と裏表紙を並べて感想を漏らした。

 同裏表紙でも告知されている7月2日のプロレスリングACE新木場大会だが、木村花の相手はまだ決まっていない。この試合に関して花は「対戦相手が誰であろうと私は自分ができることで全力で勝ちにいくのでいつでも準備万端にしておきます」と気合をいれた。

 Posted by at 6:01 AM
8月 192017
 

ジョージ秋山の長寿マンガ「浮浪雲」が連載終了か? 「あと2話」と示唆
ビッグコミックオリジナルで連載中の長期連載漫画「浮浪雲(はぐれぐも)」が連載終了を示唆している。【BuzzFeed Japan / 播磨谷拓巳】

【写真】「ワンピース」と 同い年を集めてみたら…

 Posted by at 7:16 PM
8月 192017
 

【ジャンプ】伊藤有希 沙羅との切磋琢磨が生む好循環
 ノルディックスキー・ジャンプ女子の伊藤有希(23=土屋ホーム)が、高梨沙羅(20=クラレ)との競い合いが生んだ新たな“波”を歓迎した。

 昨季世界選手権で2大会連続の銀メダルに輝いた伊藤は7日、今季の海外初戦である欧州でのグランプリ(GP)大会へ向け、成田空港を出発した。国内では7月29日の大会を皮切りにここまで4戦し、高梨の2勝を上回る3勝と好調だが「風に恵まれただけで、ジャンプの内容を見れば実力差は明確」と謙虚に語った。

 高梨とのハイレベルな争いは思わぬところにも影響を及ぼしている。今回、国内の一部大会では「あんなところから出たことないです」と伊藤も驚くほどスタートのゲートが下げられた。下位選手は悲鳴を上げたが、伊藤は別だ。「今、トップを走っているのは高梨選手なので、高梨選手次第でゲートも上下すると思う。今回、海外に行く前に日本でまずそういう試合ができたっていうのは日本チームにとっても、海外よりも一歩先に行っているんじゃないかと思います」とプラスに捉えた。

 近年、女子ジャンプは大幅にレベルアップ。飛び過ぎ防止のため、国際大会でもゲートが下がることが予想される。ゲートが下がれば、助走スピードが出ず、技術による差がつきやすくなり、追い風になるというわけだ。「世界のトップが日本にいるっていうのが、日本チームの有利なところ」と伊藤は話した。

 もちろんトップの座も射程圏に入れている。昨季、W杯個人総合は高梨が1位で、伊藤は2位。GP大会は高梨が14連勝と圧倒しているが、まずは初勝利が目標だ。「今の自分の実力がどこまで世界に通用するか試してみたい」と意気込んだ。

 Posted by at 6:03 AM